駐在員のビジネス英語⑤ 会話への割り込み方/話題を導入する表現

仕事

こんにちは。fsです。
ビジネスの現場では、

  • 割り込んで話しかける
  • 最後まで話を聞いてもらう
  • 代案を出す

なんてことはよくあります。
僕も職場で、

「この人喋り続けてて、本題に入れないよ〜😅」
「最後まで言わせてくれよ😓」
「部下が相談に乗ってきたんだけど、代案をどう切り出そうかな?」

このような場面に遭遇します。
そんなときに使う英語表現を覚えていれば、自分のペースで会話を進めることができ、ストレスが低減できます。

というわけで今回は、『会話への割り込み方/話題を導入する表現』をシェアしたいと思います。
僕も日々使っている言い方になりますので、安心して最後までお読みください😌

会話への割り込み方/話題を導入する表現

実際の現場で使う表現は以下になります。

Sorry to interrupt you, but... 話に割り込んですみませんが
Hold it. ちょっと待ってください
Excuse me for interrupting. 話に割り込んですみませんが
May I interrupt you for a moment? 少し話に割り込んでもいいでしょうか
Hold on a minute. 少し待ってください
Could you hold on a minute? 少し待ってもらえますか?
OK, but just let me finish ええ、でも先に最後まで言わせてください
Just a minute. I want to say one more thing. ちょっと待ってください。もう一つ言いたいことがあります。
Please don't interrupt. Listen to me. 割り込まずに聞いてください
Hey, I've just got an idea. ねえ、考えがあるんだけど
You may not believe this, but... 信じないかもしれないけれど...
I just thought of something. ちょっと思いついたのですが
OK, how does this sound? どう思いますか?
How about this? これはどうでしょう
What do you think of this idea? この考えをどう思いますか?
I'll tell you what. ではこうしよう。
I don't know, but one idea would be... 分かりませんが、一つの考えとしては...
I know what we can do. Let's... 私たちに出来ることがあります。...しましょう
My feeling is... 私が感じているのは...
It seems to me... 私には...と思えます
It sounds to me... 私には...と聞こえます

たくさんありますね😅
それではいくつかピックアップしてロールプレイをしていきましょう。

ロールプレイ① 職場でのやりとり

Rachel: Excuse me for interrupting Ms. Smith. May I ask you a question?

   (スミスさん、すみません。質問があるんですけどいいですか?)

Smith: Sure Rachel. What is it?

   (OK、レイチェル。なんですか?)

Rachel: How did you come up with those numbers?

   (この数字はどこからきたの?)

ロールプレイ② 友達同士の会話

Mike: You may not believe this, but someone just found my bicycle that got stolen five years ago!

   (信じられないかもしれないけど、5年前に盗まれた自転車が見つかったよ!)

Bob: That’s great news Mike! I know what we can do. Let’s get your bicycle after school and ride on our way home.

   (やったじゃん、マイク。そしたらこうしようぜ。放課後に取りに行く!)

Mike: Great!

   (いいね!)

ロールプレイ③ 学生同士の会話

Liam: Hey John, I have a new suggestion for our Science project.

   (ジョン、僕らのサイエンスの宿題で提案があるんだけど。)

John: Just a minute. I want to say one more thing Liam. 

   (ちょっと待って、リアム。その前に一つ言いたい。。。)

まとめ

いかがだったでしょうか。

  • 作業している上司に話しかけたいとき
  • 会議などで先に結論を伝えたいとき
  • 困っている同僚に代案を出してあげたいとき

などの場面で、これらの表現はよく使います。

このように割り込みや話題を導入してあげることで、英語でのやりとりに主体性が生まれます。
自分のペースでの会話を覚えると、自信がつき英語力が向上していきます。
ぜひこれらの言い方を参考にしてみてください😌

今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

fsも使用中!業界最安値のスパトレでビジネス英語を学ぼう!!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 6 人中 6 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメント

海外ブログバナー

にほんブログ村 海外生活ブログへ

海外ブログバナー

にほんブログ村 海外生活ブログへ

シンガポールの古本屋さん

タイトルとURLをコピーしました