内向型だけど海外に来ることになったあなたへ【英語の学び方】

英語

突然の赴任命令や家族への帯同などなど、意図せぬところで海外に来ることになった内向的な人。
そんな方々が必ずといって苦労するのが、英語の習得。

語学は話さないと習得できないので、

「とにかく話せ」

と言われますが、内向的な人にとってはこの過程は苦痛そのもの。

かくいう僕も、海外赴任になって仕方なく英語を学んだ一人です。
引きこもり体質だったので、英語の習得には人一倍時間がかかりました。

それでも自分に合った学び方を実践し、仕事や日常生活で英語を使いこなせるようになりました。

今回は、

「意図せず海外に来ることになった内向的な人が、どのように英語を学んでいったら良いか」

僕の実体験を踏まえて解説していきたいと思います。

内向的な人でも英語はできるようになる

まずは結論から。
内向的な人でも英語はできるようになります。

ただ、世の中の英語学習法のほとんどが外向的な人に向けられたものなのでそのまま実践すると苦労します。

内向型は自分の性格を理解した上で、無理のない学び方を実践すれば良いと思います。

僕は

  • 会社のイベントには極力参加しない
  • 週末は引きこもり
  • 会話よりメールやチャットを好む
  • 友達も非常に少ない

などなど、典型的な内向型の人間です。

それでも仕事や生活面で不自由しないぐらいには英語を使うことができます。

「なぜそのようになれたか?」

それは内向型の自分に合った英語の学び方をしてきたことに他なりません。

英会話スクールには行かなくていい

英語学習でまず思い浮かぶのがスクールだと思います。
ですが、内向型の人が最初から英会話学校に通うのはあんまりオススメできません。

なぜなら、複数の見知らぬ人と一緒に授業を受けるのは想像以上のストレスがかかるからです。
本来は英語に力を注ぐべきなのに、

「緊張する😅」

「失敗したら恥ずかしい😱」

などなど、英語以外のことで体力を消耗してしまい、授業どころではなくなってしまいます。

どうしてもスクールで学習したい人はマンツーマンレッスンをしてくれるところが良いと思います。
その分費用は高くなりますのが、英語に集中できるので必要経費かと。

英語に触れるだけで良い

内向的な人は記憶力が良いという特徴があります。
無理して英語を覚えに行かなくてもこの強みを活かせば、会話に必要な単語や表現などを簡単に記憶することができます。

海外で働いているならばメールを読んだり、会話を聞いてるだけでOK。
仕事で使う機会がない場合は、海外の映画やドラマを楽しんでみましょう。

内向型はひとつひとつのセンテンスに気を配るので、

「こんな時はこういう風に言えばいいんだ」

ということが自然と頭の中で蓄積されます。

まずは英語に触れる

内向的な人はこの一歩だけで、英語上達への階段を着々と登っていることになります。

会話は量より質

外国語の難しいところは、「いくら知識が身についても、喋る機会がないと話せるようにならない」ことです。

積極的に色んな人と話すのは確かに英語上達の近道ですが、これは内向型にとって1番のハードルとなります。

そんなシャイな人が『英語を話す』経験を積むのに大事なのことは、

一人か二人くらい、信頼できる友人や取引先を作ること

です。

内向的な人は大勢と上部だけの会話をするより、一人の人とじっくり話す方が合っています。
なので、まずは信頼できる人を見つけることが先決です。

落ち着いて話ができる相手がいると、

  • その人が何を伝えようとしているか
  • 自分が何を伝えたいか

をじっくり考えられるようになります。

この『深く考えること』が内向型にとって必要なプロセスです。
無理してパーティーのような社交場に出なくても、

一人の話をしっかり聞く→その意味を消化する→自分の考えを話す

というような密な会話を繰り返していけば、自然と英話が上達します。

要は、『量より質』ということです。

世の中の大多数の人は外向型ですが、20人に一人くらいは内向的なあなたを理解してくれる人がいるはずです。
焦らず探してみましょう😌

英語をしっかり学びたい方へ

このように内向型の人は、普通に会話しているだけでも英語を学べるという強みがありますが、

「どうせならもっと話せるようになりたい!」

こんな人もいらっしゃると思います。
そんな方にオススメなのがこちら。

中学英語の知識でほとんどのシチュエーションの英会話を学べます。
あとは信頼できる人との会話の中で慣れていけば良いかなと。

まとめ  焦らず自分のペースで

残念ながら、内向型の人はガンガン外に出て英語を学んでいくというスタイルは合いません。

ですが、内向的な人が得意な

  • 記憶力
  • 集中力
  • 強い感受性

を活かした学び方を意識すれば、外向型以上に話せるようになることも可能です。

大事なのは

焦らず自分のペースでじっくりと学ぶ

これさえ意識しておけば、英語力は自然と身につきます。

なかなか海外に馴染めない内向的な方にとって、本記事が少しでもヒントになれば幸いです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 12 人中 12 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメント

  1. Yin より:

    Whether you are introverted or extroverted, where there is a will there is a way. At all times, You should be confident and must believe in yourself. That is the secret of success. Therefore, you found your own way of learning just like the way mentioned in your article. It is a good idea of learning. Well done! ☆彡*\(⁎⁍̴̛ᴗ⁍̴̛⁎)/*☆彡

海外ブログバナー

にほんブログ村 海外生活ブログへ

海外ブログバナー

にほんブログ村 海外生活ブログへ

シンガポールの古本屋さん

シンガポールの古本屋さん

タイトルとURLをコピーしました