駐在員は忙しい?それともヒマ?

仕事

平日は綺麗なオフィスで英語を使いこなし、週末は優雅にゴルフ。華やかなイメージがある駐在員。

でもそもそも駐在員ってどれほど忙しいのだろう?シンガポール駐在歴3年僕がそんな疑問に答えます。

仕事内容(全体編)

僕の会社は企業向けビジネス(いわゆるB to B)をメインとしている。ラーメンからミサイルまでほどじゃないけど、取り扱う商品も多岐にわたる。日本だと一つの部署に属し、その部署の商品を取り扱うケースが多い。けれどもシンガポール支店は東南アジの代表オフィスとして、ほぼ全ての製品を一つの部署(営業部)で網羅しないといけない。

僕らシンガポール支店は少人数ながら東南アジア+インドをテリトリーとしている。要は「これらの国に全商品を売りまくれ」というのが僕らのミッションだ。

仕事内容(平日編)

僕のメインの仕事内容は新規開拓。いわゆる市場開発だ。「東南アジア地区に今まで売ったことがない商品を売る」そんな仕事だ。

当然、一つの商品だけで許されるわけもなく、あらゆるモノやサービスの新規開拓の可能性を探らなくてはならない。初めてで売り方がわからない商品もよくある。そんな中、日々やっていることを簡単にまとめると以下のような内容になる。

1. 商品の勉強

初めて扱う商品はわからないことだらけ。学生のように使い方や業界、顧客、強み弱みなどをひたすら勉強する。インターネットや文献、本社の担当者からのレクチャーなどで一から覚えていく。ちなみにシンガポールでは本は高いし、ラインアップも少ないので、一時帰国したときにまとめて購入している。

自分らのモノがわからないと売ることができないので、良いところ、悪いところを徹底的に洗い出す。どんな強みがあるか、どの業界に売れそうかなどを考え仮説を作っていく。地味だけどとても大事なプロセスだ。

2. 市場調査

商品の知識がついてきたら次はお客さんのことを考える。どんなことに悩みを抱えているか、その悩みは僕らの商品で解決できそうかを考えながらターゲットとする市場を決める。

ターゲットの指定が終わったらインターネットや調査会社を使って入念に調べる。調べた結果、商売になりそうかどうか(お客さんと僕らがハッピーになれそうか)、感性と理屈の両方を使って企画につなげていく。そんな作業だ。

3. 企画(戦略)立案

市場調査が終わったら、本格的に販売戦略を考える。簡単にいうと「なぜ」「何を」「いくらで」「どうやって」売るかをひたすら考え、論理で肉付けをしていくという作業だ。

もちろん最初から完璧な企画などできないので、フェーズを分けつつ試行錯誤しながら進めていく(「アイデア段階」、「ひょっとしたらいけるかも」「けっこういけるかも」「本格的なプロジェクトにしてもいいんじゃない?」の4段階にしている)。

4. 市場開拓活動

企画を立案したらフェーズごとに案件を進めていく。初期の段階であれば潜在顧客にメールや電話、飛び込み営業をして情報をとったり、とりあえずサンプルを送ってみたり。中後期の段階であれば、本格的な事業計画書を作り本社やお客さんにプレゼンしたりなどやることは山ほどある。

各々のフェーズはバラバラだけど、僕は10数件の案件を並行して進めていて、在宅勤務ながらメール、電話、Web会議などの対応で一日中手を動かしている。インド🇮🇳なんかは時差がある分、夜に対応することもよくある。気づいたらとっくに定時をすぎている😱そんな毎日を送っている。

仕事内容(平日その他&休日編)

駐在員は定時後と休日何をしているか?僕の例を紹介する。実は、駐在員は夜も休日も何かしらの予定があることが多い。それは主に2つだ。

1. 日本からの出張者のアテンド

コロナ前は本当に多かった。シンガポールは日本との時差が1時間しかないし、安全で英語も通じるので出張で来る人が多い。時期によって波があるけれども、平均すると週に2〜3回は出張者のアテンドをしていた。

一般的にアテンドの流れはこんな感じ。

  • 空港へお出迎え
  • ホテルに送りチェックインさせつつ待機
  • お客さん訪問に同行
  • レストランで食事
  • 二次会
  • ホテルへ送る
  • 帰宅

コロナの影響で数ヶ月間はなくなったが、これを週に数回やるとかなり大変です😅

2. ゴルフ

駐在員の定番、休日のゴルフ。海外では所属するコミュニティがどうしても小さくなる。そのコミュニケーション手段の代表がゴルフだ。なぜかはいまだに不明です😌

シンガポールで休日ゴルフをするとかなり高い(30,000円くらい)ので、みんなマレーシアのジョホールバルかインドネシアのバタム島に行くことが多い。値段は確かに安くなるのだが、移動するぶん一日仕事だ。

朝早く出発しても自宅に帰って来るのは早くても夕方になる。ゴルフの好きな人にとって駐在生活は天国だが、好きではない人にとっては苦痛そのものである。

ちなみに僕は10年近く仕事でゴルフをしているが、いまだに好きになれません😅

結論 駐在員は激務です!!

いかがだったでしょうか。

もちろん会社や職種によって多少の違いはあるでしょうが、基本的に駐在員は忙しいです。海外の展開を期待されて派遣されるわけですから当然ですが。

一方で、日本ではなかなかできない経験を積めることも事実であり、それが駐在員の醍醐味ともいえます。

体力があり、失敗を恐れず新しいことに挑戦することが好きな人は、駐在員がオススメです✌️

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 6 人中 6 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメント

海外ブログバナー

にほんブログ村 海外生活ブログへ

海外ブログバナー

にほんブログ村 海外生活ブログへ

シンガポールの古本屋さん

シンガポールの古本屋さん

タイトルとURLをコピーしました