駐在員が副業したらどうなる?【1年経った後の世界を語る】

仕事

こんにちは。fsです。
ネットでの副業を始めて1年ちょっと経ちました。

  • ブログ
  • ウェブ制作
  • サイト運営代行/コンサル
  • ライティング
  • 古本屋運営

など色々な仕事に挑戦し、現在は月3万円ほどの収益があります。

副業を始める前は、

「本業が忙しいけどできるかな😅」
「特別なスキルがなくて不安💦」
「でも、会社にしがみつくのも嫌だな😓」

こんな葛藤を抱えていました。

1年が経ち、お金はさほど稼げていませんが、好きなことで空いた時間を過ごせているので結果としてはハッピーです。

そんなわけで今回は、悩んでいた過去の自分に向けて『駐在員が副業を始めて1年経った後の世界』を僕の体験談を交えてシェアしていきたいと思います。
副業を検討していらっしゃる駐在員の方もぜひお読みいただければと思います。
それではご覧ください。

副業はめっちゃキツい

日本でも一般的になった副業ですが、『個人で稼ぐ』ことは本当に大変です。
会社から給料をもらっている間はあまり意識しませんが、人からお金をもらうということは

その人の役に立った(助けた)対価を受け取る

という意味です。

誰かの役に立つためには、

  • 困りごとを解決するためのスキル
  • その人が知らない情報
  • わかりやすく説明する力

など、大量の知識が必要になります。
人からお金をいただくわけなので、当然ですが😌

これらの知識を習得するにはそれなりの時間とエネルギーが必要になるので、普段の生活を変えなければいけませんでした。

副業で変わった世界

駐在員としての仕事はかなり忙しかったですが、副業をするための時間とエネルギーを確保するために色んなものを捨てました。
コロナで世界が一変したので、会社にしがみついたままの『思考停止状態』でいるのが嫌だったからです。

出世を捨てる

僕がまず捨てたのは会社での出世です。
駐在員の仕事って、30%くらいは社内の人付き合いなんですよね😅

平日は駐在員同士で飲みに行きますし、週末は先輩社員のゴルフに付き合ったりします。
強制ではないのですが、上司や先輩に気に入られた方が出世しやすそうなので僕もなんとなく参加していました。

副業を意識するようになってからは、プライベートの時間をできるだけ確保したかったので行くのをやめました。
(コロナもきっかけになってくれました)
規制が緩和された今も、基本的にはこれらの会合には参加しません。

仕事終わりの時間をスキルアップのための学習やアウトプットに使うことができたので、結果的にこの判断は正解でした😌

また、出世欲を手放すと想像以上に気持ちが楽になります。
過度に偉い人へ気を使う必要がなくなるので、仕事の本質を楽しめるようになるからです。

プライドを捨てる

副業を始める前は、恥ずかしながらちょっとしたエリート意識を持っていました。

「海外駐在できるくらいの能力があるから、副業も楽勝でしょ😏」

なんて気楽に考えていました。

実際にスキルを学び出すと、

「やばい😱全然できない!!」

こんな経験が毎日のようにありました。

具体的にはこんな感じです。

ブログアクセスが全然伸びない
プログラミング関数や変数がわからない
ライティング書き方がわからない
ネタが思いつかない
副業でのつまずき

一方で、ネットには短期間で副業を成功させた方がゾロゾロいて、落ち込む日々を送っていました。

ゆっくりと内省してみたら、

「自分は凡人なんだから他人と比べたらダメなんだ!!」

と、本質に気づくことができました。

それ以降は余計なプライドは捨て、

昨日の自分よりも成長してればOK

このように、気軽に考えることができるようになりました。

1年以上継続できたのは、プライドを捨てたことが一番大きかったと思います。

ちなみに新しいことには挫折は付き物ですが、全く気にすることはありません。
失敗しても経験値は残りますし、頭をリフレッシュして再挑戦したら意外とできるようになるものです😌

ザ・駐在ライフを捨てる

駐在員は給料が良いためか、生活も豪華になりがちです。
例えば、

  • ブランド品を買う
  • 高級レストランで食事
  • ゴルフ三昧

などです。

副業をするにはPCやインプット用の教材など多少の投資が必要です。
僕はもともと派手な生活はしていませんでしたが、お金は有効に使いたかったのでより質素な生活へシフトしました。

具体的には、

・買い物は必要なときだけ
・食事は自炊またはローカルの安い食堂
・飲みに行かない
・ゴルフはお断り

です。

地味な暮らしに変えたところ、物価の高いシンガポールでも月10万円くらいで生活できています。

副業で必要なものは買えますし、余ったお金は将来のための投資に充てられているのでこの判断も正しかったと思います。

このように色んなものを断捨離しましたが、一方で得たものもあります。

自己肯定感を得る

得たものの中ではこれが一番大きかったと思います。
僕の職場はブラックな面もあるので、

「1日中否定される😓」

なんてことも珍しくありません。

副業は『作業の連続』で大変ですが、数時間の作業を1年続けるとそれなりにできることも増え、楽しみもでてきます。
作業自体が楽しくなってくると、それが好きなことに変わっていきます
※子供がスポーツを覚えるのと同じ仕組みです

それに、副業は誰かの役に立って初めてお金をもらえます。

対価を受け取ったときは、

「好きなことをして誰かを助けられた〜✌️」

という高揚感を得られます。

これって実は自己肯定感を育むには最強のマインドセットです。

実際に僕は、副業の収入が毎月ありますが、狙って稼いだわけではありません。

好きな作業をしているうちに気づいたらお金が稼げていた

だけです。

現在は色んな作業が楽しくなったので、仕事でうまくいかないときもリフレッシュすることができています。
自己肯定感を高めたい方に副業はオススメです😌

応用できるスキルをゲット

副業で色んなことにチャレンジしたおかげて、本業でも活用できるスキルも身につきました。
具体的には以下のようなことです。

ブログラミング難しい課題の整理(ビジネスモデルや業務方針作成など)
ライティングコンテンツ作成、SEO
ウェブ制作Webマーケティング
本業で応用しているスキル

結果として本業でのパフォーマンスも上がったので、やはり副業をすることのメリットは大きいと感じます。

自責思考を得る

『個人で稼ぐ』行為は全て自己責任になります。
要は、売れるも売れないも自分の努力次第なんですよね😅

結果を出すために自分自身で試行錯誤していく必要があるので、何事も『自分の事』として考える癖がつきます。

ちなみに『自責思考』は本業でも役立っています。
このあたりは以下の記事で解説しているので、よろしければお読みください。

まとめ まずはやってみる!!

今回のまとめは以下のとおりです。

・忙しい駐在員の副業は大変!
・副業に充てるのエネルギーと時間を確保するには何かを捨てる必要がある
・捨てたもの;
 ①出世
 ②駐在員のとしてプライド
 ③豪華な生活
・逆に副業を通して得られるものもある
・得られたもの;
 ①自己肯定感
 ②本業で応用できるスキル
 ③自責思考

副業の世界は地道で孤独な作業の連続ですし、挫折もいっぱい経験する厳しい世界です。
それでも勇気を出して飛び込んでいけば、いずれ新しい道が見えてきます。

1年以上経過した今は、

「ただのサラリーマンで終わるよりずっと良かった!」

と思っています。

なので、過去の自分には

「とりあえずやってみようぜ💪」

と声をかけてあげたいです。

最後に僕が副業を始める際に参考にした書籍を紹介したいと思います。

副業の稼ぎ方や質素な生活のメリットなどがこの本で学べます。
最適な副業の入門書です。

以上、少しでも参考になれば嬉しいです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 7 人中 7 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメント

海外ブログバナー

にほんブログ村 海外生活ブログへ

海外ブログバナー

にほんブログ村 海外生活ブログへ

シンガポールの古本屋さん

タイトルとURLをコピーしました