海外出張の強い味方!!グローバルWi-Fi

仕事

海外出張に行くときに気になるのが出張先でのインターネット環境。
忙しい現代ではどこにいてもメールはバンバン来ます。

そもそも出張先でどうやってインターネットに接続するの?
ネット環境は大丈夫?

fs
fs

今回は出張先でのインターネット接続方法とそのための便利アイテムについて説明します。

出張先でのネット接続方法

海外出張時のネット接続方法は

  • SIMカードの入れ替え
  • 携帯からのローミング
  • ホテルのWi-Fiの使用
  • レンタルWi-Fiの使用
  • グローバルのWi-Fiの持ち込み

があります。

結論から言うと、駐在員や定期的に海外に行かれる方は圧倒的にグローバルWi-Fiが便利です。

fs
fs

グローバルWi-Fiは出張の必須アイテムです。
他のネット接続手段と比較しながら、その理由について解説していきます。

SIMカードの入れ替え

ひとつ目はSIMカードの入れ替えです。
出張先の空港でプリペイドSIMカードを購入し、一時的に入れ替える方法です。

現地のSIMカードなのでネット環境は良いですが、あまりオススメできません。

SIMカードを出し入れするのがめんどくさいですし、そのためにわざわざ列に並ぶのも時間がもったいないです。
また、オリジナルのSIMを失くしてしまうリスクもあります。

fs
fs

ケータイもSIMフリーのモノに限られますのでやはりオススメはできません。

ケータイからのローミング

ほとんどの場合は会社支給ケータイの持ち込みなので、出張先でローミングができます。
通信も自動的に切り替わってくれるので、一番簡単な方法です。
通信の速さも問題ありません。

すごく便利なのですが、一日あたりの通信料が高いです。
ローミングすると1日あたりS$20かかります。
5日間の出張だとS$100もしてしまいます。

僕の赴任当初は出張が多く通信料がかさみ、経理からよく怒られました😅

なお、使わない場合は到着前にケータイの自動ローミング機能をオフにしておいてください。
放っておくと勝手に課金されてしまいます。

fs
fs

会社が負担してくれるのであれば、ローミングが一番楽です。

ホテルのWi-Fiの使用

現在はほぼ全てのホテルに無料のWi_Fiがあります。
メールのやりとりなどの簡単なデータ通信は普通にできます。

これを使っている現地スタッフも多いですが、正直オススメできません。
通信が安定しないのもそうですが、セキュリティーに問題があります。

僕がフィリピンに出張したときホテルの無料Wi-Fiを使い、レンタカーの決済をオンラインで行いました。
後から判明したのですが、ハッキングされ使っていないNetflix(アムステルダム)から請求が来ました😱

カード会社にすぐ連絡してことなきを得ましたが、このようなトラブルがあるため、ホテルのWi-Fiの使用は控えた方が良いです。

fs
fs

会社のPCを使うときはホテルのWi-Fiはやめた方が無難です。

レンタルWi-Fiの使用

コストを抑えるなら空港のレンタルWi-Fiを使うのもアリです。
経理からはこちらを推薦されました。

シンガポールではCHANGI RECOMMENDが海外用のWi-Fiレンタルサービスをやっています。

Rent Overseas Pocket WiFi | Changi Recommends
Forget Data Roaming. ChangiWiFi offers the cheapest overseas unlimited data pocket WiFi rental. Stay connected on 4G network. 24/7 collection at Changi Airport.

申し込みは以下の通り簡単です。

  • 出張先の国名、引取り日、返却日を記入
  • 出発ターミナルの記入
  • 氏名、電話番号、Emailを記入して予約
国名と引取り日、返却日を記入
出発ターミナルを指定
連絡先情報を記入

申し込みが終わると自分のメールアドレスに予約完了通知と予約番号が来ます。
そのメールに貸出しカウンターの場所が記載されているので、出発当日にそこに行けば受け取れます。

費用は3日間でS$25前後とローミングと比べるとかなり安いです。
料金は前払いになります。

出張から戻ったら、到着ターミナルの返却カウンターで手渡します。
なお、出発と到着のターミナルが違っても大丈夫です。

空港のカウンター

レンタルWi-Fiは安く手続きも簡単なのですが、電波が安定しなかったり、充電器が壊れてたり、返却時に並んだりと不便な面もあります。

fs
fs

出張は前はバタバタしてしまうのでたまに予約を忘れてしまうこともあります😅

グローバルWi-Fiを持ち込む

そこで便利なのがグローバルWi-Fiです。
デバイスとアプリを揃えるだけで世界中で使える優れものです。

うちの会社で使用しているのはGlocalMeというデバイスです。
ECで簡単に買えます。

デバイスを購入した後の手順も簡単です。

  • ケータイのWi-Fiにデバイスを登録
  • GlocalMeのAppをインストール
  • 電話番号、メールアドレスを登録
  • 目的地と料金プランを選択して購入

ケータイにデバイスを登録させたら、あとはAppをインストールして手順に従うだけです。
日本語にも対応しているので迷うことはないと思います。

Appのホーム画面
目的地を選択
料金プランを選択

料金は3GB(30日間有効)でUSD10ドルです。
出張で使う分にはこれで充分です。
月2回出張で半年くらい使えば元が取れますのでぜひ会社に提案してみましょう。

最初の登録さえ終わればあとは出張の日程に合わせて料金プランを買うだけです。
国ごとのプラン選択が面倒であれば東南アジアなど地域ごとの設定も可能です。
また、レンタルWi-Fiのような予約や返却の手続きも不要です。

なお、支払いにはオンライン決済サービスのPaypalが便利です。

PayPal(ペイパル) - かんたん&安全なオンライン決済サービス
ペイパルの日本語公式ホームページです。ペイパルは、クレジットカードや銀行口座で支払いと受け取りが簡単にできるオンライン決済サービスです。世界2億5000万人以上のユーザーが日々国内外で利用しています。

支払いを完了したら領収書がメールで送られてくるので請求に使えます。
Paypalは出張時のレンタカー手配にも使えるのでこの際に登録しておくと良いです。

fs
fs

グローバルWi-Fiは一度購入すれば、ずっと使えます。
面倒な予約や返却も不要で時間を大幅に節約できます。

まとめ 手間、コスパともにグローバルWi-Fiが最強!!

いかがだったでしょうか。

グローバルWi-Fiのメリットは以下の通りです。

  • 圧倒的なコスパ
  • 国ごとの設定が不要
  • 予約・返却など面倒な手続きが不要

導入されていない方はぜひ検討してみてください!!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 8 人中 8 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメント

海外ブログバナー

にほんブログ村 海外生活ブログへ

海外ブログバナー

にほんブログ村 海外生活ブログへ

シンガポールの古本屋さん

シンガポールの古本屋さん

タイトルとURLをコピーしました