シンガポールでカメを1ヶ月飼ってわかったこと

カメ

在宅勤務の強い味方、カメ。

のんびりした姿は在宅勤務で疲れた心身を癒してくれます。

シンガポールでカメを飼い始めて1ヶ月が経ちました。

今回、カメの飼い方や気をつけるべきことをシェアしていきます。

すごく臆病な子ガメ

飼ってみて最初にびっくりしましたが、子ガメはすごく臆病です。

水槽に近づくだけで、足や首を甲羅の中に引っ込めます。

エサも人がいる前ではまず食べません。

飼い主や新しい家に慣れるまではできるだけそっとしておいてあげてください。

1週間ほどすれば元気にえさを食べてくれるようになります。

しかし、環境の変化に耐えられない子ガメもいます。

僕は2匹の子ガメを買いましたが、そのうち1匹は2週間後に亡くなってしまいました😭

うちに来てから1週間経ったときです。食欲が極端に落ち、ずっと丘の上で動きませんでした。そっとエサをおいても何も食べません。

その1週間後、オフィスから帰って様子を見てみたら、仰向けになって水に浮かんでいました。

慌てて丘にあげましたが、そのときには息絶えていました。

悲しみに暮れがらバルコニーのプランターに埋めてあげました。

すごく落ち込みましたが、今は埋めたポットにユリの芽が出始めています。亡くなったカメちゃんが生まれ変わったと思うようにしています。

カメちゃんが眠っているポット

このように小ガメは臆病なので注意が必要です。特に初期はできるだけそっとしておいてあげてください。

もしカメちゃんが亡くなったとしてもある程度は仕方ないことなので落ち込まないでください。

なんでも食べるカメ

カメは何でも食べます。

これまであげたエサでカメちゃんの好きな順は以下の通りです。

  • 干し桜エビ
  • バナナ
  • カメのエサ
  • ホウレンソウ

通常は市販されているカメのエサをあげますが、それだけだと飽きるので干した桜エビや果物、野菜をあげています。

干し桜エビはカメちゃんの大好物で、必ず完食します。

エビを食べるカメ

バナナなどの果物もよく食べますが、たまに水槽にアリ🐜が入ってきます😅

低層階に住んでいる方は、果物は控えた方がいいです。僕は代わりにホウレンソウなどの野菜をあげています。

エサは市販のもので問題ありません。

食事は人間と同じく、3食を目安としてください。

カメは意外とキレイ好き

意外かもしれませんが、カメはキレイ好きです。

エサの食べ残しやフンなどがある中ではエサを食べません。

真ん中にあるのがカメのフン 見つけたら水を交換しましょう

また、暑い国なので水は1日で腐ります。朝起きたら臭いもします。

できれば毎日水を換えることをオススメします。

洗剤は使わず、水で流すだけでOKです。

ちなみに水槽の高さは甲羅がつかる高さがベストと言われています。

参考リンク:

カメの飼い方【飼育環境】
カメの飼い方【飼育環境】 犬や猫のように抜毛や鳴き声の心配がないため人気のあるカメですが、身近に暮らしていてもその生態はまだわからないことが多く、人気のある輸入のカメについては食事や飼育環境のこともまだよくわかっていません。

カメの成長に欠かせない甲羅干し

文字通り、カメには甲羅干しが必須です。

紫外線を浴びることでビタミンの摂取や甲羅の殺菌などを行います。

シンガポールで日光浴をさせて気づいたことですが、カメは強すぎる紫外線は苦手です。

日差しが弱い早朝や窓越しの日光浴をオススメします。

部屋で甲羅干しをするカメ

強すぎる紫外線を浴びると日かげに隠れます

その他 カメで気づいたこと

うちのカメちゃんだけのことかもしれませんが、カメはグッドクライマーです。

水槽の水を換えるとき、高さのない箱に入れていると登って脱走します😅

水を交換するときの仮住まいは高さがあるものを用意しましょう☝️

脱走を試みるカメ
脱走に成功するカメ

また、日光浴をさせていると、たまに仰向けで寝る愛らしい姿を見せてくれます。

仰向けで寝るカメ

結論 子ガメのストレスケアと水の交換が大事!!

カメを飼う上で大事なポイントは

  • 子ガメはそっとしておく
  • エサは1日3食、カメのエサをベースにあとは好きなものを少し
  • 水は毎日交換
  • 日光浴はほどほどに

です。

慣れるまで大変ですが、カメとの生活は楽しいです。

エサを食べてる姿や寝ている姿など、飼い主にしかわからない特別な瞬間を味わうことができます。

水の交換は少し大変ですが、他のペットに比べると手間もかかりません。

興味のある方はぜひ飼ってみてください!!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 7 人中 7 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメント

海外ブログバナー

にほんブログ村 海外生活ブログへ

海外ブログバナー

にほんブログ村 海外生活ブログへ

シンガポールの古本屋さん

シンガポールの古本屋さん

タイトルとURLをコピーしました