Tech AcademyのWordPressコースを受講してみた

プログラミング

こんにちは。fsです。

現在、企業でウェブマーケティングをメインに働いています。
会社のウェブサイトはWordpressで管理していますが、その便利さに惚れ込んで、

「いつか自分でオリジナルテーマを作りたい」

と思っていました。

ちょうど兄の運営している劇団のウェイブサイトをリニューアルするという需要があったので

思い切ってTechAcademy [テックアカデミー]WordPressコース
を受講してみました。

今回はその内容と感想をシェアしたいと思います。

コース内容

Tech AcademyのWordpressのコースは以下の通りです。

期間 料金 メンタリング
4週間 社会人 149,000円 学生 129,000円 7回
8週間 社会人 199,000円 学生 159,000円 15回
12週間 社会人 249,000円 学生 189,000円 23回
16週間 社会人 299,000円 学生 219,000円 31回

僕は8週間コースを受講しました。

卒業までにかかったのは約6週間。
時間の限られた社会人だと4週間はかなりキツキツになるので、8週間以上をオススメします。

カリキュラム

WordPressコースのカリキュラムは以下の通りです。

# レッスン名 学習目安時間 内容
0 事前準備 5 Cloud 9、Slackなど受講に必要なツールのインストール
1 WordPressの概要 5 WordPressの概要と使い方について
2 WordPress制作の流れ 5 WordPressによるサイト構築の流れ(企画→設計→制作→運用)
3 HTML/CSS 15 HTMLとCSSを活用して簡単なWebページを作成
4 HTMLコーディング 10 レッスン2で企画・設計をしてきたデモサイトのHTMLコーディング
5 PHPとWordpressテーマ 10 WordPressを形づくっているプログラミング言語「PHP」について学ぶ
6 WordPressテーマ制作 20 レッスン4で作成したデモサイトのHTMLページを元に、デモサイトのWordPressテーマを作成
7 機能追加 10 プラグインの利用を中心としたWordPressのカスタマイズ(スライドショーなど)を学ぶ
8 WordPressの高度な使い方 20 WordPressのより高度な機能(子テーマなど)を学ぶ
9 公開準備 10 レンタルサーバー上の本番環境にWordPressを設置・構築する方法を学ぶ
10 オリジナルサイトの制作 50 自分のオリジナルサイトを0から制作する

200時間ほどとかなりみっちり学ぶことになりますが、

「楽しい!」

の一言に尽きます。

僕が受講して感じたTech Academyの良い点は以下になります。

充実したテキスト

カリキュラムは、専用のテキストを読みながら進めていきます。
その内容は素晴らしいです。

僕は独学でWordpressの書籍をいくつか購入しましたが、Tech Academyのテキストが一番わかりやすいです。

一見、分量は多く見えますが、大事なポイントだけに絞ってコンパクトにまとめてくれています。

座学は最低限にして、実際の制作を通して覚えていく

まさにアクティブラーニングを体現した内容です。

記憶が苦手な方でも習得できるになっているので、誰でも安心して受講できるかと。

考えさせる課題付き

Tech Academyではチャプターごとに課題があり、それをクリアしないと先に進めません。
これらの課題は、「テキストを読んだだけ」「コピペ」では合格は難しく、提出時に困った点があってもヒントしかもらえません。

わからないことが出てきても、

まずは自分で解決する

このような意識を持つように促してくれます。

受講者は合格するためにテキストを読み直したり、ググったり。
必死になるので、嫌でも知識が身につきます(笑)

学べたこと

非常に多くのことを学べたWordpressコースでしたが、

「特にこれを学べて良かったな☺️」

と思えた点は

  • 開発環境
  • PHPの基礎
  • オリジナルテーマの制作
  • HTML文法チェック

の4点です。

開発環境

Tech AcademyではAWS Cloud9というシステムを利用ながら学習を進めます。

AWS Cloud9とは、オンライン上でプログラミングコードを書けるクラウド開発環境のこと

Cloud9を使うメリットは、以下2点です。

  • 複雑な環境構築不要で開発を進められる
  • コード作成画面をメンターと共有できる

基本的にどんなPCでも動くので、ネット環境さえあれば簡単に開発をスタートできます。

また、カウンセリングの時にメンターが受講生のCloud9に入り、問題点を指摘してくれます。

Cloud9はWeb・IT業界の現場で使用されているツールです。
これを知ることができただけでも大きな収穫です。

PHPの基礎

WordPressはPHPという言語で構成されているので、本コースではPHPの基礎も学びます。

とっつきにくい印象ですが、Wordpressで覚えることはそう多くありません。
しかもほとんどのコードがテンプレート化されているので、Wordpress版ウィキペディアであるWordPress Codexを見れば大体のことはわかります。

この点はテキストで丁寧に書かれているので、挫折せず学習できると思います。

自分でコードを調べて書いてみて、ブラウザが思った通りに動いてくれるとこの上なく気持ちいいです。

これぞブログラミングの醍醐味と言えます。

オリジナルテーマの制作

このコースの最大の良さは自分がデザインしたWordpressオリジナルテーマを作れることです。

僕はこちらの劇団ウェブサイトを作りましたが、ブログの更新や新公演の案内などが見違えるほどやりやすくなった印象です。

幸いにも現在、企業様からも制作を依頼されておりそちらのウェブサイトもWordpressで制作する予定です。

本記事をご覧になった方で、Wordpressのウェブサイト制作をご希望の方はお問い合わせページよりご依頼ください。
格安で承ります。

HTMLの文法チェック

これは受講して初めて教えてもらったのですが、自分が書いたコードのエラーをチェックするサイトがあります。

最終課題はこれでエラーを全て排除しないと合格できません。

まさにプロみたい。

このように厳しく指導してもらえるのも良かったかなと。

こんな人にオススメ

本コースをオススメしたいのは以下のような方です。

  • ある程度プログラミングをかじったことのある方
  • 独学で挫折した方
  • ホームページ制作案件で稼ぎたい方

全くの初心者だと少し厳しい

カリキュラムは初心者を対象として作っているようですが、学ぶことは以下のように結構多いです。

  • HTML
  • CSS
  • PHP
  • WordPress

僕は独学で3ヶ月程これらをやっていたので、比較的スムーズに受講できましたが、

「HTMLって何?😅」

というレベルだと時間的に結構厳しい感じです。

初学者は以下のコースをオススメします。

独学で挫折している

独学で挫折している人も、本コースは良いと思います。

やはりプログラミング初心者が独学でPHPからWordpress導入までするのは、少し難しい部分があるでしょう。

僕も独学でやってみましたが、挫折しました。

Techacademyでは

  • わかりやすいテキスト
  • 毎週メンターとのカウンセリングがある
  • チャプターごとに課題がある
  • チャットツールで相談できる

といった挫折しにくい仕組みでできているのでWebサイト制作までは必ずできるようになります(もちろんやる気次第ですが😌)。

ホームページ制作で稼ぎたい

ホームページ制作の案件を取りたい人は、受講する価値アリです。

WordPressの世界シェアは33%と, 需要は多いです.

WordPressでオリジナルテーマを制作できるようになると、対応できる幅が多いだけ案件の数は増えるので、ぜひ学習しておきましょう。

受講料は安くないですが、スキルを身につけて案件を取れば回収できるので、良い投資かと。

まとめ やはりスクールはいく価値あり

スクールを受講して一番良いと感じたことは

『エラーをすぐ解決できる』

ことです。

独学でプログラミングを始めるとエラーを調べるのに数時間、それでも解決できないことしばしばあります。

Tech Academyではパーソナルメンターがつきますので、エラーをその都度確認でき、解決するための時間を大幅に短縮できます。
また、そのときの知識は自分のスキルとして蓄積できます。

  • 独自のウェブサイトを作りたい
  • ウェブ制作の仕事を短時間で仕上げたい

そんな方はスクールを受講してみることをオススメします。

こののコースで僕もノウハウが溜まってきたので、どんどん仕事を請けていきたいと思います。

今回は以上です。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 7 人中 7 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメント

海外ブログバナー

にほんブログ村 海外生活ブログへ

海外ブログバナー

にほんブログ村 海外生活ブログへ

シンガポールの古本屋さん

シンガポールの古本屋さん

タイトルとURLをコピーしました