東南アジアでGrab詐欺にあった話(ベトナム出張にて)

シンガポール

こんにちは。fsです。
入国規制を緩和し、人の行き来が戻った東南アジア。
当然ながら、駐在員も海外出張の機会が増えてきています。

僕も例外なく、頻繁に海外出張に出ているわけですが、先日ベトナムにいった際にある事件に巻き込まれました。
それは、Grab詐欺です。

結局、特に被害なく乗り切れたのですが、とても怖い思いをしました。
このようなケースに遭う人を減らしたいので、今回はベトナムで起きたことをシェアしていきたいと思います。
東南アジア在住の方は参考にしていただければ幸いです。

初めてのベトナム出張

駐在6年目ながら、ベトナムに行くのは初めてでした。
今回は日本の出張者とお客さん訪問のため、ベトナムの商業都市、ホーチミンへ。

ホーチミン空港


ホーチミン空港に着くと、イミグレもスムーズに通過し、一旦ホテルでチェックインすることに。
ベトナムの駐在員から、「空港からの移動はVINASUN(タクシー会社)かGrabの2択しかない」と言われていたので早速タクシー乗り場を探しました。

VINASUNタクシー。ベトナムではこれを使うと良いです

VINASUNの車はありましたが、行列ができていたためGrabを呼ぶことに。
アプリを起動して読んだところ、5分で到着という表示が。

空港の係員がピックアップ場所を教えてくれて、そちらへ移動しました。
そこで事件が起こりました。

突然のGrab詐欺!

ピックアップ場所で待っていたところ、一台の車が僕たちの前に停車し、話しかけてきます。

「お待たせ!」

見たところアプリで表示されているナンバーと違うようです。
それを伝えたところ、

「車修理中で代替車を使っているんだ。さあ乗って!!」

訝しく思いながらも、急いでいたこともあって乗ってしまった僕ら。
行き先を確認して車は発進しました。

50mくらい走ったところで、Grabから着信がありました。
なんと、予約したドライバーが空港に到着し僕らを探しているようです。

そのとき、

『やばい😱これは詐欺だ!!』

と気づきました。

慌てて車を止めさせ、

『番号違うじゃねーか!!嘘つきめ💢降ろせ!!』

と大声で怒鳴り、なんとか降りることができました。
(東南アジアの人は怒鳴りに弱いことは経験として知っていたので)
もちろん、積んだ荷物も降ろしました。

怒鳴ることでことなきを得ましたが、全く気づかずにそのまま走っていたら、

  • どこかに連れてかれる
  • 人気のない場所で身ぐるみを剥がされる
  • ぼったくられる

などの恐ろしい目にあっていたと思います。

その後は、呼んだGrabのドライバーの車に乗り換え、無事ホテルに着きました。
(ぼったくりもされず、特に問題なし)

どんなときも、ちょっと慣れたときが一番危ないというのは本当ですね😌
やはり海外ですので、いつでも気を引き締めることの大事さを学びました。
かなりヒヤッとしましたが、とても勉強になる出張でした。

まとめ ナンバープレートは必ず確認しましょう

今回の教訓は以下の通りです。

・海外出張の際にはGrab詐欺に要注意
・Grabを呼んだら必ずナンバープレートとアプリ表示のナンバーを照合する
・代替車と言われても乗らない
・その他、少しでも怪しいと思ったら無視する

なお、ベトナムだけでなくフィリピンやマレーシアなど、他の東南アジアでもこのような詐欺事件は多発しているようです。
みなさま、海外渡航の際はくれぐれもGrab詐欺にご注意ください。

今回は以上です。
少しでも参考になれば幸いです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメント

海外ブログバナー

にほんブログ村 海外生活ブログへ

海外ブログバナー

にほんブログ村 海外生活ブログへ

シンガポールの古本屋さん

タイトルとURLをコピーしました